スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.18 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    シン・ゴジラ

    0
      シン・ゴジラ。 大阪組の熱狂の度合いがすさまじく、札幌、三重で話題に乗り遅れないようにと、 小学校高学年的な理由も込みでギリギリ見に行く。 確かにもう一度二度みたくなる映画。 熱狂する理由もわかる。 あんだけ顔のアップを意識したのは羊たちの沈黙以来か。すげえ迫力。感想をなるべくネタバレしないように書きたいと思います。 まずは何と言ってもここまでキチンと日本の真ん中に踏み込んだ作品も無いだろうと思う。もはや、才能うんぬんではなく、胆力とでもいうものの差じゃないかと思う。 だって僕自身、僕ら小劇場なんてところの人間達は作品を作る時に殆どなんの規制も無いはずなのが、やれて、原発問題においてさえ、匂わす程度のことしかやったり、みたりできていないって認識でいる。 やはりアンタッチャブルなというか、裸にはなれても原発問題や核の問題を真正面からは触れられないというか。 それが、あんだけ大がかりて様々な規制が考えられるのに、正にゴジラのごとき一歩で今の日本っていう時代で描くべき表現の核のようなものを踏み抜いてる。そんな印象である。 しかもゴジラである。様々な作品が試され、アメリカにおいては爬虫類のバケモノにメタモルフォーゼさせられたゴジラ。つまり、ゴジラというキャラクターに色がつき過ぎたと言っても過言ではない感じなのに、キチンと鬼神の風格が備わってる。早い話がゴジラって存在をちゃんと恐ろしく感じられたということ。 これ、やり尽くされたキャラクターでって考えると余程のことなんだろうと思う。 胆力で言うと、ここへきて東京を破壊させるのがすごい。 何十万、何百万って犠牲者だろう。 絶対に道義的なブレーキを考えたはずだ。 それをクリエイターの覚悟で背負う監督の胆力だろう。 考えなしに大量の人を殺してしまうような映画とは訳が違うと思う。 間口の広い娯楽映画なのに、厳かな気分になるし、怪獣映画なのに対象がはっきりと青年以上。 正に、叩きつけられるような映画だった。 あと、本多猪四郎の「ゴジラ」もそうだったけど、危機の中でちゃんと誘導する人に泣ける。 最後まで残って誘導するんだろうなーって日本人に感動する。 この「誘導する人々」は新旧、日本のゴジラ映画の誇りと思う。 シン・ゴジラにも残ってて良かった。

      ダイジェストムービー

      0
        おぐりです。

        『空中のエス』からもうすぐ一ヶ月。
        え、まだそんな最近!?

        というくらい、座組メンバーはそれぞれ違う現場で新しい作品に挑んでます。
        なので、ちょっと懐かしいという気さえしますが、
        『空中のエス』ダイジェストムービーを作成したので、載せておきます。

         

        YouTubeから直接「空中のエス」と検索していただいてもご覧いただけます。

        いろんな現場で活躍しているメンバーの
        「ああ、こんな役も演じていたな」という
        活動の記録のひとつとなればいいばと思います。

        そして、この映像をご覧いただいた方々との、
        新たなご縁があることを願ってます。









         

        バックステージ写真

        0
          おぐりです。

          こちらではご無沙汰しております

          今回は「空中のエス」舞台裏、仕込み場当たりなど
          バックステージを写真でご紹介。



          幕開け一日前のみんなの様子です。

          上演写真は、構久夫さんにお願いしまして
          ただいま手元に届くのを待ってる最中です
          こちらもいただいたら、このブログでご紹介させていただく予定です。

          今回掲載するのは、座組メンバーのご友人にお願いして、素顔中心に撮っていただいたものです
          (本人のご希望により、名前は伏せてあります)

          劇場入りの日、舞台設置からお買い物まで、
          機敏にお手伝いいただいた二宮信也さん。



          箱作り職人のイメージ画像のようです。ちょっと NHKのにおいもします

          そして、下の写真、奥にいるのはナンジャーレの管理人のおひとり、今津くん。



          いつも冷静なナイスガイです。照明づくりで、えらいお世話になりました!

          働いてるのはお手伝いの二宮さんだけじゃないか!↓


          いや、そんなことないんですよ(笑)
          さてこうやって和気あいあいと作業をすすめ
          場当たり稽古したワンシーンも見ていただきましょう

          あまりにも、「悪い顔」の4人(笑)
          『喫茶店』のワンシーンです。



          稽古見ててもおもしろかったなあ。みんなが活き活きしてて。


          さてしばらくは、こんな何時で写真の紹介と、その後のみなさんの活動情報などを掲載していく予定です。

          お楽しみに!



















           

          ありがとうございました!

          0
            せきどです。

            空中のエス。
            精算会無事終了しました。
            これで、公演が本当にすべて終了しました。

            二次会名残惜しかったですが、山形くんの「イミテーション・ゴールド」を背に、終電に駆け込みました。

            関わって頂いた皆様、本当に本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

            どれだけ言葉を尽くしても感謝しきれません。

            手探りで、自分の非力さを思い知りました。

            でも、座組みが本当に素晴らしかったので、なんとか終了出来たなというのが実感です。

            俳優さん、スタッフさん、本当に頑張って頂きました。頭が下がります。
            その頑張りのおかげで、ステキな公演にして頂けたと思います。

            公演見た方の意見をお聞きしたいです。

            空中のエスは、どんな風に写ったでしょうか?

            「ライト」は笑いと狂気を
            「ゴールデンボーイ」は若くて痛い自意識を
            「喫茶店」バカバカしい笑いを
            「雨の日はジョンレノンと」はビターな大人の恋愛を
            「4pm」は染み入るような痛みを

            目指しました。どの作品も苦労を重ね、苦労した分だけ深化した作品群だと思います。

            演出としては、まだまだやれることは一杯あったとは思いますが、キャスト、スタッフの皆さんのおかげでお見せして恥ずかしくない作品になったとは自負しております。

            今後もそれぞれ活動に邁進します。
            空中のエス、新たな動きが出てきましたら、またすぐにお知らせします。
            僕自身、それを首を長くして待ってたりします。

            返す返す、関わって下さった方々、見に来て頂いた方々、あるいはまたそうではなかった方々にもお礼申し上げたいと思います。
            本心でそう思っております。

            本当にありがとうございました!
            m(_ _)m







            閉幕のごあいさつと今後の活動

            0
              おぐりです。

              Sの字×空宙空地 合同企画
              『空中のエス』

              無事閉幕できました。
              正直、台風がじりじりじりじり向かって来たときはあせりました!
              風の強い日となりましたが、交通麻痺などなく、本当によかったです。

              そんな荒れた天候の中ご来場いただいたみなさま、
              ご無理をきいてくださった関係者のみなさま、
              キャスト、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

              手探りで運営していたため、各所でご不便や不愉快な思いをされた方も、
              きっといらっしゃるかと思います。
              この場を借りてお詫び申し上げます。

              そんなつたない公演でありましたが、たくさんの方に楽しんでいただけたようで
              企画に対しても作品に対しても
              Twitterなどであたたかいお言葉をたくさん
              ほんと驚くほどたくさんいただき、恐縮しております。

              企画として何か足跡を残したい、
              ご来場いただいたみなさまに何か持ち帰っていただきたいというのが
              今回の目標のひとつだったので、素直にうれしいです。

              かといって完璧だったわけもなく、みなさまにいただいた言葉や笑顔を糧に
              座組全員、ここから改めて上を目指していきます。

              というわけで、ここから先、座組のメンバーの活動についてご案内させていただきます。
              ぜひ今後とも応援いただければ幸いです。


              <関戸哲也>

              【 作・演出 】
              総合学園ヒューマンアカデミー名古屋校第7期生卒業公演
              2組 『組曲』
              日時:2013年12月12日(木)・14日(土) 会場:中村文化小劇場

              <真臼ねづみ>

              【 出 演 】
              突劇金魚  第15回公演
              『夜に埋める』
              作・演出:サリngROCK
              日時:2013年12月6日(金)〜10日(火)
              会場:S-pace (大阪)

              【 出 演 】
              演劇組織KIMYO 第12回公演
              『ピーポウ』
              作・演出:宮谷 達也
              日時:2014年4月12日(土)〜14日(月)
              会場:愛知県芸術劇場 小ホール

              山形龍平>

              【 出 演 】
              トライフル
              『江口君と私』
              作・演出 片山雄一
              日時:2013年12月6日(金)〜8日(日)
              ※5日(木)公開ゲネ予定
              会場:ナンジャーレ

              <竹中順平(STAFF)>

              【出演】
              pH-7
              30周年記念公演
              『火の昔、ハレの日 幻色闘鱗記』
              演出:菱田一雄
              作:喜田啓司『火の昔』
                美尾りりこ『ハレの日』
                北野和恵『活弁清次外伝・闘鱗記』
              日時:2014年1月17日(金)〜19日(土)
              会場;名古屋市千種文化小劇場(ちくさ座)

              <おぐりまさこ>

              【 演 出 】
              最強の一人芝居フェスティバル
              INDEPENDENT:13招聘作品
              『ウィザードリーマン・ビギンズ』
              作:二朗松田 出演:岸☆正龍
              日時:2013年11月21日(木)・23日(土)・24日(日)
              会場:in→dependent theatre 2nd (大阪)

              【 出 演 】
              刈馬演劇設計社PLAN-04
              (第19回劇作家協会新人賞最終候補作品・現在最終審査中)
              『クラッシュワルツ』
              作・演出:刈馬カオス
              日時:2013年12月13日(金)〜16日(月)
              会場:G/pit 


              どうかみなさま、
              今後とも
              よろしくお願いします。


              後日、公演写真掲載いたします!そちらもどうかご覧ください。










               

              | 1/9PAGES | >>

              ★ご予約受付フォーム

              空中のエスTwitter

              profile

              おぐりまさこ活動情報

              ◆演出◆
              最強の一人芝居フェスティバル
              INDEPENDENT:13参加作品
              『ウィザードリーマン
                ビギンズ』


              出演:岸★正龍
              作:二朗松田

              2013年11月21日〜24日
              in→dependent theatre2nd(大阪)


              ◆出演◆
              刈馬演劇設計社PLAN-04
              『クラッシュワルツ』


              作・演出 刈馬カオス

              2013年12月13日〜16日
              G/Pit

              links

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              PR

              recommend